インターロッキングブロックの施工風景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

インターロッキングを敷き詰めている工程の公開です。

インターロッキング敷きは特殊な作業となるため、専門の業者(インターロッキング屋さん)が工事をすることが多いようです。

こちらでは、職人さんの手作業を動画でもご覧いただけます。

スポンサーリンク

インターロッキングブロックは「接着剤」の役割を担っているセメントやコンクリートは使わないため、敷き詰めることで固定させていきます。

そのため下地が重要になります、転圧、サンドクッションを平たんにすることでインターロッキングの不陸(ゆがみ)を無くします。

「透水性インターロッキング」の需要の高まりに合わせて、透水シートも必須の資材となっております。

スムーズな透水機能の維持と地盤の安定のために欠かせないシートです。

シートの下は路盤、クラッシャーランといわれるものです。

サンドクッション(敷砂)を敷き均しています。

専用コンパクターにより、歩くスピードで締め固めています。

透水性保水型インターロッキングは、ヒートアイランド対策にお勧めです。

下記は施工の動画になります。

インターロッキング敷き並べ風景

コンパクターによるサンドクッションの転圧

施工中の動画は、写真では伝わらない動きや手順やスピードがよくわかるため、近年人気で動画の数も増えてきています。

調べ物をする際に、動画で理解することもありますし、わたしも活用中です。おすすめ!

WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*