屋根材のコロニアルを外壁に使ったらどうなりますか?

基本設計のみの物件で、先日、こんな面白い試みをされている現場がありました。

この外壁は、なんとコロニアル材。

スポンサーリンク

コロニアルとは、セメント基材とパルプ繊維で出来ていて

軽量で施工性が良く、一般的な住宅の『屋根』では良く使われています。

耐久性の面では30年くらいと言われていますので 塗装などのメンテナンスが必要になります。

今回このコロニアルを外壁材に使用した物件がありました。

遠くから見ても、温かみがあり、なんとなく外国的でカラフルで印象的な外観に目を引きます。

3色の色を使い、混ぜてありますが この何気ないランダム貼りに施工屋さんも悩むそうです。

感覚的な問題ですので、次は何色を使おうかと・・・そんな時は一番薄い色を使用するとしっくりくるとそうです。

拡大写真です。コロニアルの外壁の提案は、お施主だったそうです。

メーカーのカタログを見て、気に入ったとか。

私も探してみました。クボタのこちらかも知れません。

カラーベストウォール工法

これは良いですね。屋根材と同じ雰囲気を出せて、あたたかく、おとぎばなしに出てきそうな外観です。

このように、お客さまや施工者さんから学ぶこともあります。

こちら住宅の間取りを紹介します。
このお宅は法律上2階建てですが、平屋にロフトを付けたような外観になっています。

2階の吹き抜けに沿って廊下、ベランダへと見る風景です。

吹き抜けの下はリビングとなっていて、1階には、極力、廊下は作らず無駄のないスペースの間取りとなっています。

リビングから吹き抜けを見上げた景色です。
吹き抜けでつながることで一体感が生まれます。

LDKのキッチン側です。対面キッチンを希望されるかたが本当に多いですね。

1階の桁を少し上げ調整していますが、1階に屋根を掛け2階まで立ち上げることで、吹き抜けに余計な高さがなくなります。

余計な高さを無くした場所に、小屋裏収納。
小屋裏収納は法律上1400mm以下と決まっていますので丁度良いのです。

新しいこと、変わったことをしてみたいというお客様、施工者さんには 私もとても興味がありどうにか実現してもらいたいと思います。

そのためには、長所、短所を両方把握しておく必要があります。

WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*