ランドセルロッカーについて

ランドセルロッカーの寸法について

スポンサーリンク

いまのランドセルはA4対応が必須のようです。

ランドセル+サブバックを収納するロッカーの設計です。

まず、ランドセルを立たせるのか寝かせて収納するのかを考えます。

立たせるとロッカー全体の高さが上がってしまうため寝かせます。

児童クラブに通う子供はメインが1年生から3年生ということですので

手の届かないところに棚があっても使用できません。

初期設計時には、うっかりしていました。

ランドセルロッカー

最小限の寸法をリサーチしました。

ランドセルの化粧箱を姪っ子からもらい職人さんへ渡しました。

念のため制作時に 確認してもらいたいからです。

ランドセルロッカー 水色

ランドセルロッカー、本棚、靴箱の色は全てこの水色になります。

仕上がりが本当に楽しみです!

CGパース業務のご紹介↓↓↓
WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*