仕切り過ぎず、ほどよく間仕切りたい。そんな時には…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

40年程昔の障子戸を再利用しました。

どんな雰囲気になったでしょうか。

スポンサーリンク

茨城県境町ダイニングバー若菜亭のリフォーム。

現在、個室が人気なんです。

予約の際、個室の人気が高いと感じていました。

特別感があるのと、仕切られている空間の居心地が良いのだと思います。

そこで、こちらも個室にしてしまおうと考えました。

敷居を付けてもらいました。
床に段差が目立たないよう、なるべく薄くでお願いしました。

鴨居を付けて、建具をはめ込む。
建具が40年くらい昔のもので、曲がり反りがあって
なかなか苦労していました。

四枚を両開きにしてもらいました。

ポイントは、障子紙をなくしたものを間仕切りにすること。

仕切り過ぎず、ほどよく仕切る。

これで個室感を出します。

今日の工事はこれで終了です。

障子戸の間仕切り、すごく気に入っています。

馴染んだ後に鴨居、敷居、建具の塗装を自分で行いたいと思います。

次のリフォームは…

テラス!その後は…

段階を踏んで、お店をリフォーム休業しなくてよいように

計画しております。

本日も大工さんが、営業時間を気にして急ぎで工事してくれました。

おつかれさまでした!

WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*