萩の径(はぎのみち)の萩を使って作った小屋。って何、面白い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

久喜市の現場監理で行った先に なにやら「さすけ」みたいな体を鍛える屋外の工作物。なにこれ!!好奇心が止まりません。

スポンサーリンク


久喜市の現場です。こちらは平屋のような二階建てで、リビングの吹き抜け部分の写真。


筋交いも全て図面の通りに入れてくれていました。


ここは2階の部分。半分が吹き抜け。

無事にハシゴからも降りれて現場を後にしようとした時、、、


ん?ここでだれか体を鍛えるために作ちゃった??うそ!

ここまでは完全にサスケ。


住んでいるのかなあ。まずいところに来てしまったとここまでは思いました。


良かった、公共系だ!
『この小屋は菖蒲の径の萩を使って作りました。』と書いてあります。

萩の径(ハギノミチ)と読むようで、萩の径は、久喜市の名所でした。

見沼代用水路沿いの「ふるさと歩道」には約1.5kmにわたり1,300株の萩が小さな花を咲かせます。とのこと。
萩の径


小屋です。インパクト大。

かやぶきの茅は萩ではないのでしょうか?

茅(かや)とは?

茅とは屋根を葺く草の総称のことで、茅という植物はありません。
茅の材料には、すすきの他に葦(ヨシ)、かりやす、かるかや、しまがや、ちがや等のイネ科の多年草が使われます。

茅(かや)とか藁(わら)は、イネ科の植物だそうですし、萩の径は珍しいものなのでしょうか。見た目は茅と違いがわからないですが。

アフリカの青空教室みたい。


ここで火を囲んめるようになっていました。


そして、かまど??


かまどってこういうものなんだ。って思いました。昔の生活を体験出来る場所なのでしょうか。


薪になりそうな材料がたくさん。


少し離れた畑には栽培中のものが。落花生やイモ類。

地域のものを使って小屋を建てるって、面白いですね。
更には、アナログな生活が体験できるとは 活用されている時にまた見てみたい場所でした。

WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*