高いところが絶対ダメな人は建築士が出来ないと思う。でも高さに慣れることもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

鉄筋、型枠、コンクリート、鉄筋、型枠、コンクリート…

この繰り返し。

これがRC造(鉄筋コンクリート造)。

スポンサーリンク

現場を歩いていると、鉄筋に引っかかることや、足元が不安定な場所や、高いところ、上部にクレーンがパイプを運んで通り過ぎることも。

物を釣っているときは、その軌跡下部に入り込まないよう気をつけます。

監理業務は危機管理能力
そういったことに充分注意が必要です。

多少の運動神経が必要なのかもしれません。

現場で怪我をしたら、迷惑をかけますし、

なにより自分が痛い思いをするので、神経を使って現場を歩くようにしています。

二階の床高さの足場を歩いている目線。
これで約3メートル。

この床面の下は支保工というパイプで支えられているのです。
大丈夫なんですが、考えるとちょっとこわい。

三階になると約6メートル。
屋上になると約9メートル。

建築士って高さが多少大丈夫じゃないと

出来ない仕事ですね!

わたしはダメな方なので、我慢をして上がっています。

そうすると、すこしは慣れる。それから下を見ないようにしています ( ´ ▽ ` )

夜は、現場で着ていたベンチコートを着たまま、忘年会に遅れて参加。

今日は、春日部の創業支援ルームの忘年会。

木工の機械の話。

ネット販売の話。

保険の話。

などなど、色んな方と話しをしていました。

クリスマスのケーキが美味しかった。

WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*