都市計画法上における美容室の定義とは

市街化調整区域に美容室の設計をするにあたって 『美容室の定義』はとても重要です。


スポンサーリンク

美容室→美容業に置き換えて考えますが、そもそもどこの定義なのでしょうか。

建築指導課で いただいた資料を手がかりに

『 美容業 783 』 で検索しました。

するとたどり着いたのは

『日本標準産業分類からみた事業区分』国税庁のHPでした。

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shohi/20/08.htm

783美容業7831の定義とは。

こちらが定義の詳細。

美容業 7831

主としてパーマネントウェーブ、髪結、化粧など美容サービスを提供する事業所をいう。

〇 美容室;美容院;ビューティーサロン

× 美容学校(専修学校のもの)8171;美容学校(各種学校のもの)8172;エステティックサロン7892;マニキュア業7899:ペディキュア業7899;ペット美容室7999

ということは、美容室の間取りの中に設計してはいけないもの。エステ、ネイル・・・ダメです。

ヘッドスパは良いのでしょうか?きっとダメでしょうね。こういうジャンルは法律が追い付いていません。

流行りの美容室は、エステ、ネイル、ヘッドスパなどの総合スタイルが多い中、矛盾している気がします。

ですが、以上のことは頭に置いて設計をしていきます。

 

WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*