【ドアの色の選び方】白、黒、木目?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

既製品の室内ドア。いまやプリントなので色や柄はけっこういろんなタイプのものがあります。どんなものにしようか悩んでいる方へ、設計事務所が選ぶポイントとおすすめを過去の事例を元にご紹介したいと思います。

ドアの色は単体で選ぶと失敗する

引きのアングルで周りの雰囲気に合わせることが大事。施工者さんに渡され、建具のカタログだけを見て決めてしまうことがあると思いますが、完成したときに壁の雰囲気と全然あっていない・・・木目がしつこすぎる・・・違ったタイプの木目が出てきてセンスが悪く見えたりと、、、そんな失敗がありますが、木を見て森を見ずにならないよう気をつけましょう。

広い視野で部屋をイメージしてみる

まずは色だけを意識しながら部屋の全体像を考えましょう。例えば、床が木目、壁がホワイト、天井がホワイト。この場合、建具(ドア)は何色にしようか?というように考える。全体的に清潔感やシンプルさを出したい、ちょっとかっこよさをプラスしたい、かわいさを演出したい、など。そこのイメージを大事にしてください。どんな部屋にしたいのか?部屋ごとに分けることももちろん可能です。リビングは落ち着いたもの、子ども部屋はかわいい系、寝室は淡い感じにしたい・・・それにあわせて選んでいきましょう。

イメージだけでは難しいの実例紹介

清潔感のあるおしゃれなカフェ

床が濃いグレー系、壁はシンプル、木目をアクセントに取り入れるということで建具(ドア)は木目。木目も様々ですがこちらは飲食店のため清潔感のある白っぽい木目。

食を考えるカフェcame came30が春日部市大枝にオープン。

子供が安心でき大人も好きなカフェ風シェアオフィス

温かみのある可愛いイメージの部屋。床が濃い系の木目、壁が水色、天井と照明がホワイトなので建具はホワイトにしました。幅木と廻り縁も合わせてホワイトで統一して水色の塗り壁との対比を楽しむ感じにしました。

【建築動画】子どもと一緒に過ごしながら仕事ができる!働くパパママを応援する屋内型キッズランド「S-WORK+KIDS」

リノベーションラーメン屋の荒々しさを残した無骨感

リノベーション建物なのであまりきれいにしすぎたくないという考えもあり、黒でインダストリアル感を入れた。黒の壁を一箇所アクセントにして、ダークになりすぎないように枠はホワイトに。これも既製品の建具。

貸し事務所は個性を出さないよう木目を多く使用

スタートアップの施設なので、若者向きのかっこよさとスタイリッシュなイメージ。床はエイジング加工の木目、壁天井はホワイト、建具は更に木目。このとき悩んだのは床と建具のメーカーは違うためなるべく統一感のある木目を選ぶためそれぞれのカタログを並べて引きで見て決めた。カタログを並べてちょっと離れたところから見ると良い。ドアと枠の色を変えたこともポイントで、枠をホワイトにすることでドアの存在感が少し和らぐ。木目がしつこくならないようギリギリを攻めた感じ。

【リノベーション動画】起業支援施設「境町S-start up」

まとめ

設計事務所が建具を決めるときに気をつけること、実例をもとにご紹介しました。ありきたりの木目で揃える感じが嫌な人、決められた仕様の中で少しでもおしゃれにしたい、という方は参考にしていただけたらと思います。今後も実例の方まとめて行きます。

リクシルのラシッサは低価格でよく使用します。おすすめ。

 

売れる店づくりとは、店舗設計レイアウトから始まる!原理原則にそったアドバイスで、動線の確保や店舗デザイン等の設計プロデュース。

—————————————-

↓HPはこちら↓

ワカナデザインのホームページ

↓BLOGはこちら↓

ワカナデザインのブログ

株式会社WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

茨城県猿島郡境町下小橋555-13

—————————————-

Q.どんな設計事務所?

A.茨城県境町に拠点を置き、女性一級建築士が運営する小規模な建築設計事務所。

Q.なにが専門の設計事務所?

A.店舗やオフィス、飲食店など商業建築が専門。空き家対策や、遊休建物の利活用をするリノベーションやリフォームを推進。

Q.設計の特徴は?

A.色使い、植栽、ワクワク、女性的な建築で利益を生む設計を心がける。

Q.実績は?

A.パン屋、シェアーオフィス、ラーメン屋、カフェ、アンテナショップ、食堂、保育園、学童保育、公園、ドッグランなど。茨城県境町および埼玉県春日部市にて見学可能。

Q.仕事のスタイルは?

A.一つ一つ情熱を持って企画設計から監理まで丁寧な仕事を心がけている。

お問い合わせはこちらまで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*