住宅の建て替え、現地調査とはどんなことをするでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

家の建て替えをしたいお客様からのご依頼。設計者としては敷地の状況を把握することが大事です。実際にどのようなことをするのでしょうか。

現地調査をする前にしておくこと

公図、測量図、過去確認申請など資料を揃える

マップや航空写真で概要を把握しておく

 

敷地

既存の敷地と公図を照らし合わせ確認していきます。敷地の形状や大きさ。

境界杭があるかどうか、高低差、などなど

 

建物

既存の建物状況を把握します。形状、大きさ、高さ、構造、配置・・・。

 

塀など

ブロック塀、フェンス、生け垣・・・種類、高さ、位置

 

 

道路

敷地に接している道路の状況、側溝があるか、高低差

このように、なるべく写真におさめる。

わからなくなったときは写真を確認する。

これらの調査したことを図面化していきます。

さて急がないと、仕事に追いつかれ気味なこの頃です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*