ヤフオクで落札したアンティーク窓をリフォーム現場に活用しました。

既存の壁に窓を付けたい。というご依頼。

さて、色々な選択肢があるので、今回はどんなものが合うでしょうか。

スポンサーリンク

調べて最初に、たどり着いたのはDAIKENの室内窓 『マドモ』です。

次に、LIXILの『インプラス』。

どちらもきれいで・・・、ちょっとキレイすぎる、それと価格が高めです。

今回は、既存の風合いを程よく残したリフォームなので、新しすぎるので選択肢から外しました。

カットされたガラスを購入して大工さんに作ってもらおうと考えて、ガラスを探しました。

これもなんだかんだで結構割高になる。

それなので、古材をオークションで探してみました。

ありました!!古材の窓。

このシンプルな引違窓(建具)が気に入りました。引違なので2枚セットです。

やったー、落札しました。

大きさは、既存壁から、はみ出てしまう大きさなので1枚だけ使用することに。

この部分の壁を開ける。

手のこぎりで地道に開けてくれていました。
まずは片側。


これで両側のボードが空きました。
あとは材木をカットして。


開口されました。
開放的になり、視覚が通り良くなりました。


ここにこの古材の窓を取り付けます。

現物を見ても、結構立派で良い買い物をしました。


取り付け完了!
大工さん、ありがとうございます!!

おかけ様でお施主さまにも満足していただきました。

古材、古建具の良さを改めて感じました。
この風合いは新しいものでは造り出せませんね。

WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*