空き家問題に自分自身が直面したとき。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

昔すんでいた住宅が空き家になりました。

築36年も経っています。当時の建築は今と比べるととても雑です。だから開けてみると結構ひどいときがあります。

ですが、築40年近くの空き家問題これからもっともっと増えてきそうです。

スポンサーリンク

店舗だった1階天井から雨漏りがあるのです。

原因を突き止めないとリフォームも進みませんので、まずは雨漏りの調査をしっかりとします。

この家は増築、増築で来ていますので、継ぎ目部分に負担がかかっていると思っていました。

まずは、天井材を剥がしてもらいました。

築36年の内装。一見なにも無さそうな感じにも見えるでしょうか。

でも、大雨の時に滝のように雨が降ってくるのです。

高校のクラスメイトの大工さんが、天井を剥がしてくれました。

思ってたよりも、ひどく。天井下地が真っ黒です。断熱材も湿っていて、最悪な状態です。

このひどさにも慣れてきてしまいました。やはり築40年近い物件は、開けるとこういう感じが多いです。

予想以上に被害が激しかったけど、いま気づいてよかった。このまま表面だけ直したところで、結果は同じ。

これから目標、15年は持たせたいのです。

逆に考えれば、15年しかもたせないつもりなので、改修費用はかけられません。

目標金額で、イメージをガラッと変えて見せます。

なにかしら気づきがあるはずです。やっぱり経験してみないとわかりませんからね。。。

WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*