昭和の古いお風呂をリフォームして快適に。タイルから洗い流し編。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

36年前の家は、まだタイルの浴室でした。これを在来浴室といいます。

いまや当たり前のユニットバスは、当時、存在していましたが汎用的ではなかったはずです。
ユニットバスとは、FRPで造られているユニットの浴室。歴史でいうと東京オリンピックからだそうです。

この在来浴室を どうやったら、ローコストで清潔感を出すリフォームが出来るのでしょう。


ビフォー❗そんなに汚くはないのですが、気になるところは床の段差と出入口のドア、配管。

とタイルの欠けているところです。

相談したのは左官屋さん。

この段差をなるべく抑えたいのと床面をキレイにしたいと思います。

手練りでモルタルを入れてくれました。段差があったので容量が大きくで運ぶのにも一苦労です。

グリーンのテープ上端が仕上げのライン。

コンクリートが固まるまではプルンプルンです。

このあとが、楽しみにしている仕上げになります。

洗い流しコンクリートに劇的に変身しました。

ドアは、リフォーム用のサッシに取り換えました。カバー工法。

軽くなり、清潔になりました。

ユニットバスに取り換えるのは費用がかさむので、このような工夫で在来浴室をリフォームするのはお勧めです。

最後に考えている仕上げがあります。またお楽しみに!

ちなみにこれは、ヒノキお風呂セット。

イスと桶と石鹸入れとヒノキボール(浴槽に浮かべるもの)のセット商品。

こういう演出で少しでも雰囲気を良く。

お湯に濡れたらめちゃくちゃいい香りがしていました。

古いお風呂でもシャワーヘッドが変われば快適なお風呂に変わります。そういう方法もありますね。

ミラブル



築40年超えの古い民家をリフォーム、まず一番大切なのは雨漏り対策。

【リフォーム参考】家庭用にもおすすめ2層シンクを設置しました。

ヤフオクで落札したアンティーク窓をリフォーム現場に活用しました。

ひとりビジネスの設計事務所、起業してもうすぐ20年。店舗オフィス非住宅の専門家。お客様の利益に繋がる建物を考える。
株式会社WakanaDesign一級建築士事務所
—————————————-

↓HPはこちら↓

ワカナデザインのホームページ

↓BLOGはこちら↓

ワカナデザインのブログ

株式会社WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

茨城県猿島郡境町下小橋555-13

—————————————-

Q.どんな設計事務所?

A.茨城県境町に拠点を置き、女性一級建築士が運営する小規模な建築設計事務所。

Q.なにが専門の設計事務所?

A.店舗やオフィス、飲食店など商業建築が専門。空き家対策や、遊休建物の利活用をするリノベーションやリフォームを推進。

Q.設計の特徴は?

A.色使い、植栽、ワクワク、女性的な建築で利益を生む設計を心がける。

Q.実績は?

A.パン屋、シェアーオフィス、ラーメン屋、カフェ、アンテナショップ、食堂、保育園、学童保育、公園、ドッグランなど。茨城県境町および埼玉県春日部市にて見学可能。

Q.仕事のスタイルは?

A.一つ一つ情熱を持って企画設計から監理まで丁寧な仕事を心がけている。

お問い合わせはこちらまで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*