境町高速バスターミナルに看板と屋根が着きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。ワカナデザインです。
東京駅から1時間ちょっとで着いてしまう高速バスが開通して、とても利便性が良くなった茨城県境町。そんな高速バスターミナルに屋根と看板が設置された。看板デザインと、屋根の設計監理に携わらせていただいたので、その様子をまとめたいと思います。

境町高速バスターミナル概要

“2021年7月1日より、高速バス「境町-東京駅線」を運行しています。最短90分で、境町高速バスターミナルから東京駅に到着します。(上り便は王子駅を経由します) ・1日16便(往復8便)の幅広いダイヤです ・バスにトイレ、大型トランクルームあり ・全席に充電コンセント(またはUSBタイプの充電コンセント)あり ・無料駐車場あり ※「境古河バスターミナル」(成田空港線 高速バスのりば・ふれあいの里南側)とは場所が異なります。”

(google map より引用)

〒306-0431 茨城県猿島郡境町西泉田1230−1
境町公式サイト

 

幅10mの巨大看板  Sakai Expressway Bus Terminal

巨大看板の基礎だけあって、幅は10m

奥行きは500くらい。

既存のアスファルトを切って基礎準備。

基礎のコンクリを打つ前の状況。

鉄骨の柱がそびえ立つ。高さは3.3mくらい。

巨大看板の枠組み

風に煽られないよう、間にも部材が入っていてしっかりとしたつくり。

さび止めと仕上げの塗装はされている。

看板カラーはテント色から選ぶ。

イメージしていた色にどれが一番近いかを考える。

パソコンの画面とテントサンプルを並べて落ち着いて考える。

テントは小さな面積なので、とても難しい作業である。

シート貼り

このように端から縦に張っていく。

空気が入らないように上手いこと張りますよね。慌ててよじれてしまいそう。だけどそこはプロ。

貼り工事

クレーンを使って、阿吽の呼吸で作業は進んでいく。ここで現場を後にして再び現れたときには。

巨大看板が完成していた。

遠目からでもかなりインパクト大。

巨大看板の完成!

 

バス待機所の上屋

 

シェアサイクルの上屋

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*