建物の図面おこしは写真や動画!

古い建物は図面が残っていないことがほとんどです。

そういうときは、現況を図面におこします。慣れない頃は、現場でスケールをつかって一から計測していました。いまでは・・・

スポンサーリンク

一からの計測は時間ばかりたってしまい効率が悪いです。

いつからか、写真だけで図面が復元できるようになりました。柱の間隔がわかれば手がかりとなるところを探し、何個分かを数えると簡単。

最近は本当に面倒なので、写真だけ、ばしばし撮って帰ります。
あと動画もあると完璧です。部屋を歩いて見渡した動画です。


戸袋とか開口がスケールになります。
3尺が何個分?

たとえば、6個分となると910×6=5460mmですね。
写真を見ながら机の上で落ち着いてかきおこします。
そうすると、なんか帳尻合わないなといところが出てくると、どこか間違えています!


北側がそろわない。


もう一度動画や写真を見て、そろわないのが正解かもと思い。
大工さんに確認。

これでOK。
現場でもラインの活用、本当に便利です。

そして二階に1階の区画を入れてみる。


この写真で屋根と床部分の分割ラインがわかります。

なるべく現場調査も効率的に行いたいです。

WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*