茨城県の開発工事、雨水処理はこのようにしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、㈱WakanaDesign一級建築士事務所です。茨城県境町の開発工事、雨水の処理は必須になりますがその様子をまとめたいと思います。

開発行為の関係で3000㎡以上の敷地には雨水の処理を求められます。水路が接していれば放流できることが多いのでとても楽ですが、ない場合は敷地内処理をしなければいけないのです。そんな時に、雨水浸透処理施設を設置することになるかと思います。ここでは、一般的に使われている方法をご紹介いたします。

浸透試験

まず地盤調査を行います。知りたいものは、地下水位の高さ、透水係数。この調査は金額的には1か所20万円くらいかかります。敷地が変形していない限り一箇所検査をすればよいかなという感じです。地下水位は地域によって変わりますが境町は川が近いため地下水が出やすい地域です。地元の人は慣れている現実でもありますので雨水関係の対応は地元に任せるのが良いでしょう。

地下水位および透水係数

地下水位は、境町は1.5mくらいが多いと感じます。ちなみに深ければ深いほど現場としては助かります。なぜかというと基礎工事くらいの掘削で水が出てきては工事が大変なのです。そして、透水係数ですが、この係数は透水しやすさを数値化しています。透水は良い方が水はけが良いというイメージ。土質によって変わってきます。水はけがすごく良い土地でも地下水位が高かったという結果もありますので、なかなか思うようには行きませんね。

雨水処理施設工事

さてそれでは、雨水浸透処理施設とはどんなものでしょうか?工事の工程とともにご覧いただきたいと思います。

実際の処理施設

このプラスティックのパレットのようなものが雨水浸透処理施設です。意外と簡易的に見えますよね。写真では何段も重なっていますが現場では2段積みにします。(地下水位が高いため)中が空洞になっているのが分かりますでしょうか?ここの空隙率(空洞のパーセンテージ)は確か94%だったはずです。メーカーによって若干の差があると思うので確認が必要です。空隙率が大きければ処理できる水の量が多くなるということです。

先程のパレットのような雨水処理施設を2段積みにして周りに目詰まりを防ぐために透水シートでぐるっと被います。これがないと隙間に砕石や土が入ってしまい、意味をなさなくなります。ガスバーナーで隙間を丁寧にあぶり密着させていました。白いものはカバーです。

雨水浸透処理施設の大きさは雨水計算を行い決めます。この現場は4m×5m 高さ520mmです。車一台分より幅が広めです。結構費用が掛かります。

雨水浸透処理施設の設置が完成しました。建物の雨水も配管でつながれ最終ここに集まってきます。集まってきた雨水はここで溜められて自然と敷地内で浸透されることになります。上部は土盛りをたくさんしたいところですが、地下水位から浸透施設を1m離すというルールがあるため上の方に設置することになってしまいます。土盛りがあまりされないと住む人が忘れて庭造りなどを行うときに忘れて掘って浸透処理施設に干渉してしまうということも気を付けなければならないと思います。

雨水計算

先日、つくばみらい市の工務店さんの建売現場で雨水計算のご依頼がありました。敷地自体の大きさは3000㎡を超えていないのに何故雨水計算が必要かがまず疑問でした。聞いたところ、建売住宅だからだそうです。なるほど、建売住宅には雨水の関係で結構お金がかかるということです。普通の住宅にはここまでの施設は必要ではなく、大抵が雨水枡を4つ設置して終わりです。でも、仕方ないですね。都市計画課で求められては残念ながら避けられませんね。

どうしても必要になる前に何か工夫できることはないか?まず考えてから計画をしていきます。安全側の考えで計画する工事は無駄なことがありますからね。そんなことも考えながら日々設計業務を行っています。

 

ひとりビジネスの設計事務所、起業してもうすぐ20年。店舗オフィス非住宅の専門家。お客様の利益に繋がる建物を考える。
株式会社WakanaDesign一級建築士事務所
—————————————-

↓HPはこちら↓

ワカナデザインのホームページ

↓BLOGはこちら↓

ワカナデザインのブログ

株式会社WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

茨城県猿島郡境町下小橋555-13

—————————————-

Q.どんな設計事務所?

A.茨城県境町に拠点を置き、女性一級建築士が運営する小規模な建築設計事務所。

Q.なにが専門の設計事務所?

A.店舗やオフィス、飲食店など商業建築が専門。空き家対策や、遊休建物の利活用をするリノベーションやリフォームを推進。

Q.設計の特徴は?

A.色使い、植栽、ワクワク、女性的な建築で利益を生む設計を心がける。

Q.実績は?

A.パン屋、シェアーオフィス、ラーメン屋、カフェ、アンテナショップ、食堂、保育園、学童保育、公園、ドッグランなど。茨城県境町および埼玉県春日部市にて見学可能。

Q.仕事のスタイルは?

A.一つ一つ情熱を持って企画設計から監理まで丁寧な仕事を心がけている。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*