ヤード(自動車解体業)について

『ヤード』をつくりたいと連絡をいただき、ヤード?って何だろうとすぐスマホで調べると。

仕事場や作業場と出てきます。さて、何の用途になるのでしょうか。

スポンサーリンク

必要としているYard(ヤード)は、自動車解体業で使用したいとのこと。

自動車解体業。初案件です。

施主様にヒアリングをして、行政書士さんと打ち合わせをして、現場確認へ。

車を何台、作業場に入れるか?

建物には何の部屋が必要?

敷地の囲いのイメージは?

排水関係、油処理など。

道路の出入り口は、側溝敷設なおさなければならなそう。

道路の申請も必要。

給水はどうするか?

タイムスケジュール。

この辺りのヒヤリングをしました。

今回は、開発からの手続きになりますが、頼もしい助っ人にお願いして、状況だけ把握する。

やっぱり、設計も専門分野がありますから。

でも、打ち合わせに参加していると知識がプラスになりますね。

WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*