ユニットバス🚿でないときの壁、天井の材料について✨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

リフォーム物件の浴室(シャワールーム)の壁と天井🚿

耐水性が☔️あり施工性の良い、経済的💰なものを探していました。

スポンサーリンク

そこで選んだものは、

【天井】フクビ バスパネル ex-z
ゾウゲ色

【壁】アイカ工業 セラール バスフィット
BFA 18204の色

メーカーのWEB

・リフォームにも最適な施工性
・カッターでのカット・穴あけもかんたん
・軽量なので取り扱いらくらく

ちょっと高級感を出したかったので、メタリック黒を選びました。

メーカーのイメージ写真は小さな範囲なのでよくわかりませんでしたが、きっと良いだろう!と採用しました。
さてここからは実際に現場に取り付けた様子です。


浴室ではないため下地は合板で行いました。
厚みは3.2mmと薄くて、軽量でカッターでカット✂️できるので施工性は確かに良さそうです。
この日は風🌪が強かったため、両面テープに間違えてくっついてしまったら大変と大工さんが苦労していました。👷‍♂️

天井、壁のパネル貼り付け後の写真です📷
高級感が出ました。入隅用のジョイント専用部材は、白になってしまいます。ここがちょっと残念ですが
きっと黒はあまり汎用性がなく製作していないのでしょう。でも目地が白だと思えば問題ありません。


そして、透明なブラケットを取り付けて、、、

あとはシャワールームの納品を待つばかり・・・。
本当に楽しみです!!🚿

WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*