基礎の増し打ちをする改修現場

改修現場の老朽化や傷み具合は仕上げ材を取り払ってみないと、わからないと言いますが、それは本当だとおもいます!

築40年クラスの民家はこれで3棟目。すべて、やはり予想外が起こっています。

逆に言えばそれは想定内です。

スポンサーリンク

改修現場は手間がかかるので敬遠されがちですが、手間をかけてでも残したい理由もあるわけで、そういったご要望に応えていくのも役割だと思います。

さて、こちらの改修現場の概要は・・・

今やっていることは梁下の補強です。

欲しいところに柱がないので柱を立てたいけど、基礎が無い。

それなので基礎を増し打ちします。

既存のコンクリート土間を、はつります。

これもきれいに、はつっています。

壊す、残す、追加する部分が混在するので 整理をするのが大変ですが

まめに現場に出向き、頭を整理しながら打ち合わせをしています。

職人さんとすごく話し合う機会は増える改修現場です。

そして常に工夫、工夫の現場でもあります。

 

WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*