おうちDIYのご参考に、おすすめペンキと仕上がりをご紹介。レットシダーを水性塗料で塗装。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

茨城県境町にあるDiningBar若菜亭は、わたしの母と妹が営んでいるお店です。

現在、コロナの影響で夜の営業を自粛中ですが、過去にリフォームをしたとき(約2年前)の様子を紹介したいと思います。

おうちDIYが趣味の方のために、すこしでも参考になれば嬉しいです。

木工事までは大工さんの力を借りて、ここまで出来ました。ここからは・・・

あこがれの高級木材、レットシダーの塗装はDIYで行いました。

なるべく匂いのしないもの、体に優しい塗料を探しました。

アトムペイントの水性、自然カラーのパインとオールナット。を二色分けにします。

水で刷毛が洗えるし、手も石鹸で落ちるので、水性塗料は、扱いやすいから良いです。

塗装前の様子。この白木な感じも良い色ですが・・・シックな雰囲気にするため塗装します。

テラスの一部を拡張して室内空間にしていますので、一部はALCの外壁をそのまま利用。

この扉の名称は、フラップ扉、ウエスタン扉などと言われています。

ウエスタン扉は、その先に入りたくなる心理効果があります。

あの先に行ってみたいな。となるように特別空間な感じを演出しました。

塗装時間は約4時間!

2色の色をランダムに塗り分けして、塗り方も丁寧に塗らない、あえて雑にして濃淡がかっこよく見えるように。

塗装は、天井面が一番つらいです。手が上げっぱなしなのと塗料を付けすぎると自分に落ちてくる!

でも何とかコツを掴み、天井完成。合板の木目がはっきり出ています。

そして、この丸い飾りは、馬車の木製車輪です。こういうアイテムを使って、ウエスタン、カウボーイの雰囲気をつくります。

ここはウイスキーが進む部屋にしたいと思います。

 

さて、そして

完成写真はこちら。

 

DIYに関する過去記事

女性建築士のDIY。手作り舞台をつくる編。

レッドシダー外壁にキシラデコールをDIY塗装。女性建築士のDIY

WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*