曇り🌥ガラスシートはフォグラスをおすすめします👍時間があるときはDIYで貼ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ガラスの扉🚪は明るくて良いんだけど丸見え過ぎて少し落ち着かない👀そんなときは、フォグラスというシートを貼ることをおすすめします👍

2018年9月夏の暑い日差しの中、DIYでカッティングシートのようなものを貼りました。

エアコンは付けていましたが南側の窓だったためとても汗をかきながら苦戦した記憶がありますが

その時の作業の様子を御覧ください。時間のあるときはDIYで色々工夫ができますのでお試しください。


室内側からフォグラス というシートを貼ります。

これは一般的に売っているテラスドアの中桟つき透明タイプです。これはインターネットで購入して友達の大工さんに取り付けしてもらいました。

購入する際には寸法に気をつけてくださいね。

そしていざ使ってみると、中が丸見えでしたのでどうにかしないとと思っていて思いついたのは目隠しシート。

友達の看板屋さんにイメージをラフで絵を描き、作成してもらいました。確か、、、金額は数万円だったと思います。

2万円くらい?ちょっと覚えていませんが。

そして、いよいよ準備が整いましたので貼ってみました。

専門の人が貼るのが普通ですが、ここは自分の会社なのでDIYでやってみました。

まず、大きなシートを貼ります。

わたしは、霧吹きでたくさん水⛲️をつけて貼りました。何度か位置の調整をしながら、やっと位置が決まりました。そして、ヘラで軽く撫でてシワをなくします。そして、このように、文字の部分を剥がしていきます。

事務所の事がいちばん難関でした、縁の切れるところがたくさんあるからです。

室内側からですと、文字が逆になっていて正解!

窓の下の段は、レンガの目地をイメージしています。

剥がすのは大変で、この量で二時間半の作業でした(−_−;)

外から見ると分かりにくいけどこんな感じです✨

中が見え過ぎず、光は入り、柔らかなイメージになります。🙆‍♀️

曇りガラスシート、フォグラス をおすすめします。

WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*