地盤改良工事、試験杭の立ち会い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

スコールのような雨の中、タイミング良く一瞬雨がやんだその時、『試験杭』という検査に監理者として立ち会いました。

杭と言っても、今回の工法は地盤改良の類になります。

セメント系固化剤と水を混ぜ合わせたセメントミルク(スラリー)

(↑こちらのグレーの溢れてきている物質がスラリーです)

を地盤中に 注入し、原位置土と機械的に攪拌混合することにより

(グリグリと羽を回し、かくはんしています。)

地盤中に柱状の安定した均質な改良体(ソイルセメントコラム)を築造する工法です。

大体15mくらいまで掘ります。

コラムの経は約1m

本日、3本の検査を行いました。

時間的には2時間くらいです。

これから現場では、190本を行うことになり、全部終わるまでに約2週間かかる見込みです。

天候も大事になってきます。無事に進むことを祈ります。

ワカナデザインへのお問い合わせはこちらまでお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*