住宅木材に真っ黒な防腐防蟻材ヘルスコ・キュアーは炭で出来ている。

埼玉県の加須市、監理業務で現場に行き、住宅木材に真っ黒な防腐防蟻処理が使われていて、そのインパクトに驚きました。

スポンサーリンク




加須市現場の外観はこちら。
現在の状態。


内部に入って目に飛び込んだのが 黒く塗られた木材!


これです。匂いを嗅いでも無臭で、なんか環境に優しそう。。。
早速、工務店さんに連絡をしました。
すごいインパクトなんですけど、これはどういうものですか?
すると、ヘルスコ・キュアー 防蟻防腐用液状活性触媒炭だということを教えていただきました。

エコペイントです。内容下記。

家の土台や柱をシロアリの食害や湿気による腐食から守ります。
シロアリなんて怖くない!

一般に使用されているシロアリ駆除剤は、薬剤(農薬)が使われています。
従って、頭痛・吐気・めまい・皮膚アレルギーを引き起こす、いわゆるシックハウス
症候群の起因となりかねません。ヘルスコ・キュアーは、木質系の天然素材と微粉
末木質炭素、天然鉱石を配合して開発された人体にやさしい製品です。

エコペイント
▲エコペイントのリンク先

要は、人体に影響のない炭を利用した防腐防蟻材です。
建築基準法では、柱、筋かい及び土台のうち、地面から1m以内の部分には、有効な防腐措置を講ずるとともに、必要に応じて、しろありその他の虫による害を防ぐための措置を講じなければならない。とありますので
監理上確認をさせていただくのですが、色が目立つので一目瞭然です。

このように、現場では流行りの建材を知るきっかけとなるので良い勉強です。
こちらを施工している工務店さんは自然素材に特化しています。人体に影響の少ない防腐防蟻材を使用されているということで、とても関心させられました。

加須市 江田建設様
リンク先

WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)ホームページ

スポンサーリンク
[ad#co-2]

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*