時代劇のロケーションの様な民家を見学。600年前って一体…全てが驚き。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

茨城県の某所に築600年の民家があり、そちらをこの度見学させていただく機会がありました。

スポンサーリンク

牧場で飼っているポニーからスタート。
かっわいい。

和室の間仕切り、歴史を感じさせる襖。
江戸時代の映画に出てきそうなロケーションですね。

外部の縁台?縁側?
屋根の庇の立派なこと。そして、木製雨戸も素敵。

火鉢。普段からこういうものを使ってみたい。

こちらは、陶器の和便器!
何年まえに取り付けたのかを聞きそびれましたが、当時は相当モダンだったでしょうね。現在でもかなりレアではないかと思います。

つづいて納屋を見学。

竹の骨組みに土で左官している土壁。
とても絵になります。

全てが映画の世界のようで、非常に貴重なものを見せていただきました。

WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*