古材テーブルの製作、女性でも出来る脚の取り付け方法。

アンティーク古材のテーブルに、DIYでどのような脚をつけるの?ピッタリのビスや釘は?
女性でも失敗しない方法とは…。



ここまで木工やさんに作ってもらいました。古材の杉板を使用したテーブルの天板。

下地は合板かシナランバーか、という感じです。

そして脚の取り付けを自分で行いました。

脚は、いろいろ探したのですがコスパの良い下記を購入しています。

テーブル脚パーツ

テーブル 脚 パーツ 67cm(2本セット)の詳細
■サイズ
脚の高さ:67cm
脚の奥行き:63cm
脚の太さ:幅5cm×厚み2.5cm
取り付け部のプレート:8.5cm×8.5cm
※取り付けネジ穴の中心間:約6.4cm

送料無料 7898円です。

こちらの脚の購入は3回目ですので使い慣れていますが、
アジャスターも付いているのでちょっとした高さの調整も可能ですし
扱いが簡単で使いやすい商品だと思います。
私が購入したものはブラックですがホワイトもあるそうなので
そちらも可愛いので試してみてください。

ビスが付いていませんので購入します。
ネジ穴が大き目なので頭の大きなものでないと抜けてしまいます。

トラスタッピング。
太さが5mm
長さが20mm
これが最適です。天端からビスが突き出ないように考慮してください。

ビス止めをしたところです。
頭が大きいと山が崩れにくいので女性でも使いやすいですよ。

天端板に丸くぎを打ちます。
古材は曲がったり反ったりするので、釘で抑えました。
またこの釘もこだわって選びました。
頭がギザギザした丸くぎです。

丸釘19mm
重いハンマーを使えば、三回くらい叩けば楽々打てます。

このドットみたいなピンの跡がまた良いんですよね。
古材と釘は良く合います。

脚と古材天端のテーブルの完成。
次回は下地を改良します!!



株式会社WakanaDesign一級建築士事務所

茨城県境町、埼玉県春日部市で主に業務を行っています。

古材の家具を使ってみたい方、こちらまでご相談ください。

お問い合わせ先はこちらです

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*