建築士試験対策

大きさに関わらず店舗には非常用照明が必要!設計時のポイントは告示緩和をうまく使うこと。

こんにちは。㈱WakanaDesign一級建築士事務所です。先日、店舗の設計をした際に『非常用照明』について携わったので、忘れないうちにメモに残しておきたいと思います。非常用照明、緩和などと検索をすると、検査機関側の目線で分かりやすくまとめられている記事はありますが、実際に設計する側の視点やポイントを重視した記事を書きたいと思います。今回は店舗の設計時に必ず必要な『非常用照明』。1台3万円~のものなので最小限に設計したいものです。それではご覧ください。

続きを読む

バリアフリー法のスロープについて

埼玉県では保育所を建てるときに、0㎡からバリアフリー法が適用され、さらに埼玉県福祉のまちづくり条例(努力義務)も関係します。
これはどういうことかというと・・・。

続きを読む

特殊建築物100㎡の壁。

建築用語で『建物の用途』というと 飲食店とか保育所、住宅、事務所など・・・どういう風にその建物を使いますか?という意味ですが、一つの建物に一つの用途とは限りません。ここのところ、ご依頼も複合的な建物が多くなってきて、設計士は時代の多様性に対応することが重要だなあと実感しています。

続きを読む

コンクリートブロックとフェンスの一般的な塀(組積造の塀)点検チェックポイント

一般的なフェンス。ブロック塀との組み合わせタイプの塀。納まりを注意して見てみると、いろいろなことが分かりますよ。建築士試験勉強では組積造の塀に当てはまります。控え壁が不要の範囲ってどのようなサイズ感と作り方になるでしょうか。その点をポイントに見ていきたいと思います。DIYの参考にどうぞご覧ください。

続きを読む

RC造サッシの納まり実務編、木造との違いは溶接と充填モルタル。

鉄筋コンクリート造のアルミウムサッシは溶接で取り付けをしてからモルタルで充填します。一級建築士の勉強でいうところの、施工→内装工事→建具工事→アルミウム製建具の項目になります。さてこれらを、実務に照らし合わせて見てみたいと思います。試験対策にもどうぞご覧ください。

続きを読む