MDF合板でL型の本棚を造る、設計図から完成まで公開。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

私はMDF合板の質感と色が好きで、本棚に挑戦したり、内装の仕上げに使用したりしています。

大工さんに作ってもらうために簡単に設計図を書きます。せっかくなのでオリジナルなものを。

MDF合板を使った本棚

用途に応じで材料を考える。野球場の小屋、完成に近づく。

チョークアートの教室ってどんなところ?

過去の実績はこちらです ↑↑↑

こちらは私の事務所です、背景にある本棚、こちらがMDFという素材です。

実際、デメリットもあります。水に弱い。

でも本棚だったら関係ありません。

今回は、入隅の壁にL型の本棚を友だちの大工さんに制作してもらっています。

半分が出来ていました。図面はもちろん私の方で作りました。

ちょうどその部分にコンセントがあるので穴だけ開けてとお願いをしました。

もともと古い家なので貴重な電源です。

見せる本と内部資料がありますので、2つを分けるという主旨もあります。

設計は書類の整理が大変。

この本棚で事務所がスッキリしますように・・・。

そして、MDFの本棚を作ってみたいという方の参考になりますように。

こちらも完成後UPしたいと思います。

 

はい、それでは完成後の写真になります。

部屋のコーナーに配置するためL字型です。

紙が貼ってありますが、これが設計図です。

 

そして設計をもとに材料の拾い出しを大工さんがしています。それがこちら。

この材料が揃えばまったく同じものが出来ます。

組み立てが出来ればですが、DIYでやってみるのも面白いと思います。

ホームセンターで材料は購入、カットをしてくれますので。

 

棚板はわざとズラしています。それで生まれたスペースは小物が置けます。

本のブックエンド(倒れ止め)にもなります。

とても良いですね。小物が整理できそうです。

配線の穴を開けて貰いました。

配線がごっちゃごちゃになるため、カゴの中にでもまとめて置いておけそうです。

 

 

材料はMDFを使いましたがお好きな素材で厚み(24mmを採用しています)さえあっていれば大丈夫です。

ぜひ、造作の本棚に挑戦してください。

 

 

 

お問合せ先はこちらです。

株式会社WakanaDesign一級建築士事務所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*