用途に応じで材料を考える。野球場の小屋、完成に近づく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

野球場内に小屋を3つ作っていますが、断熱効果、遮音など考慮してALC外壁を使用しました。本日の気温は27度まで上がりましたが、部屋の中に入ると涼しく感じたので効果はあると実感しました。



野球場の中に救護室と監督室を作っています。

耐久性だけを考えると鉄筋コンクリート造りが適していると思いますが、経済性も考慮して今回は、木造のALC外壁にしました。

ALCパワーボードは、サイディングに比べると高価です。

塗装もしなければならないため。

ですが機能性、耐久性のバランスを大事にして、サイディングの外壁は今回採用しませんでした。

パワーボードは気泡が入っている軽量コンクリートのパネルです。

こちらは塗装後のパワーボード。水色の外壁に白の目地がアクセントになっています。

グラスウールの断熱材を充填して、屋根、壁共に隙間なく埋めます。

中に入ると涼しい。監督さんと現場で実感をしていました。

今回はこの断熱材を使用しています。

色々なメーカーの断熱材がありますね。

天井には、一発で仕上げるために化粧石膏ボードのジプトーンを採用しています。

ジプトーンは最近よく使っていますが悪くないです。クロス仕上げや塗装仕上げが要らないので、経済的です。

内壁にはMDF合板で仕上げ、今回はクロス屋さん無しの現場になっています。

ジプトーンとMDFを貼った状態です。

MDF合板を内壁に貼った拡大です。クラフト感があってかわいいです。

無塗装での仕上げです。

予算に応じて組み合わせる必要があり、いろいろ工夫をするのもお仕事うちです。

現場が進めばまたご紹介したいと思います。



 

株式会社WakanaDesign一級建築士事務所

茨城県境町、埼玉県春日部市を中心に古民家古材(ビンテージウッド)を取り入れた設計業務を行っています。

お問い合わせ先はこちらです

ワカナデザインのブログはこちらです。

ワカナデザインのブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*