昔の学校教室の床はレトロな市松模様。教室から学童へ改修!

境町の小学校教室の一室を学童保育に改修する、設計監理をさせていただいています。

昔の学校は市松模様の床材を張っていることが多いです。このレトロな床材を見てください。とてもかっこいいです。

ですが、用途上、機能性を考え畳を敷きます。畳も落ち着きがあり素敵になります。

続きを読む

保育と飲食店の複合用途を設計。

春日部市で保育所と飲食店の複合施設を設計していますが、打ち合わせを重ね、間取りも進化してきました。敷地が変形しているので、面白い使い方が出来るので真四角の土地よりも設計していくうえで楽しさがあります。

続きを読む

性能評価の基礎検査は厳しい!

二月の初旬、外はとても強い風でした。風とほこりの中で、性能評価の基礎検査でしたが、とても細かくチェックをされました。でも建物にとっては良いことですね。

私は監理者としての立ち合いです。

続きを読む

解体現場、コンクリートは解体や処分に費用が掛かります。

私も自分の事務所をリノベーションした際に強く思ったことですが、産廃費用が掛かるもの、コンクリートや混合廃棄物です。

コンクリートは強くて安心ですが、壊す時にはとても大変な作業になるし、廃棄にも関係してきます。

だからといって、コンクリートに頼らずの設計は難しい。。。

続きを読む