アイレットハウス

住宅性能評価の基礎検査が行われました。

コンクリートを打つ前には必ず配筋の検査があります。

先日、工場の製品検査で栃木県那須市まで行ってまいりましたが、今回は境町の現場にて基礎の配筋検査(住宅性能評価)がありました。

現場と工場の製作が平行して動いていますので効率が良さそうです。

続きを読む

目線まで高いRC造、基礎配筋の検査の様子。

RC(鉄筋コンクリート造)の3階建てマンションの施工。基礎梁の配筋を確認していた時の様子をご紹介。この記事ではRC造の現場状況をお伝えしていくことによって、資格勉強中の方に雰囲気を感じてテキストと現場の内容がリンクできるようになればと思っています。

続きを読む

紫外線対策を完璧にして行う杭芯検査。

2020年9月に入りました。まだまだ暑い日がほとんどですが、時々涼しい日を挟んでいるという感じの時期です。そんな中、鉄筋コンクリート造3階建てマンションの工事監理が始まってしまいましたよ・・・。

続きを読む

起工式とうな牛弁当

2020年8月、境町定住促進住宅4期目の起工式が行われました。ありがたいことに、テントの中はスポットクーラーと扇風機が設置されていて、豪華な設営でした。

続きを読む

RC造マンションのユニットバスUBの見えない部分はこうなっている。

不動産で言うユニットバスとは、トイレとお風呂が同じ部屋にあることですが、建築的に言うユニットバスとは、工場で出来上がっているユニットのバスのこと。パネルになって搬入されてきますので、現場では組み立てるのみです。組み立てに掛かる時間はあっという間ですので気づいたら設置されていることも多いのですが・・・。それでは今回は、UBの構造とは・・・。

続きを読む

RC造サッシの納まり実務編、木造との違いは溶接と充填モルタル。

鉄筋コンクリート造のアルミウムサッシは溶接で取り付けをしてからモルタルで充填します。一級建築士の勉強でいうところの、施工→内装工事→建具工事→アルミウム製建具の項目になります。さてこれらを、実務に照らし合わせて見てみたいと思います。試験対策にもどうぞご覧ください。

続きを読む