サイディングの金具を使った張り方とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

外壁のサイディングってどうやって張っていくか分かりますか。

今の主流はこれです。

今日は、現場をまわっていると、サイディングの外壁張りの場面に出くわしました。

サイディングの過去記事はこちらです。

 

窯業系ってなに?サイディングの造形はすごく進化しているように思います。

 

ここは私の設計物件ではないのですが、コーディネートのお仕事もしているため

その打合せを兼ねて、現場の進捗を把握しに来ました。

外壁のサイディングを張っているところです。

外壁内は通気をしますが、胴縁といって縦の木材を打ちます。

そこを下地にして金具を取付け、サイディングをはめていきます。引っ掛けていくという表現が良いのかもしれません。

建てのシルバーの目地のようなものも金物です。

金物の枚数も胴縁毎に必要になるため、トータルでけっこうな数になりますね。

そして、めちゃくちゃすごい大屋根工事。

規模が大きすぎて、こんな工事を見れる機会はめったにありません。

足場の上で組んでいく作業に他にはないことなので、驚きましたね。

そして私の設計物件では、塗装のサンプルを作ってもらっていたので現場で確認して5分くらい悩み、決めさせてもらいました。右も左も大差ないように思われるとおもいますが、細かいことで悩んだりもします。

色にはうるさい人です。

これも階段の塗装について、サンプルを作ってもらったので、右に行くほど色が濃いのですが濃い方でお願いをして。

さあ、塗装後が楽しみになってきました。

お仕事関係の方と、近況を報告しながら、先日オープンした春日部のcamecame30にてランチを。

このランチは、全てお野菜です、そう見えないでしょう。

お野菜だけもかなり満足できる食事を楽しみながら・・・

 

他の人のビジネスの話を聞いて、その人はこういうことを考えてやっていて面白いよとか、

いまはこういう人が多いよとか。

情報交換の中でまた刺激を受けました。

 

株式会社WakanaDesign一級建築士事務所

お問い合わせ先はこちらです

ワカナデザインのブログはこちらです。

ワカナデザインのブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*