アルミ庇(ひさし)の下地やエキスパンジョイントは、こうなっている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
エキスパンジョイント
Pocket

境町コワーキング施設 S-work+kids の監理を行っています。

本日の状況は、外壁に付随すること、外構について進捗がありました。現場に行くタイミングはとても大事です。

エキスパンジョイントと言われる部分。構造的に切り離すため建物同士の隙間を開けて、特殊な金物を使用しています。

Alfin(アルフィン)という商品名のアルミ庇(ひさし)が外壁に取りつきます。

色はこのように、シルバー、ステンカラー、ブラックとあります。

そのための下地です。まずボルトをたくさん出して・・・

そしてそのボルトにこちらの長い金物を取り付ける。
ここまでが下地準備です。あとは足場が外れたら。

取り付きました。下地以外は案外簡単だったそうです。

下から見るとうっすら縦線が入っていると思いますが、こまかく別れているそうです。それをつなげていくイメージでしょうか。

この庇は薄いため印象がスタイリッシュになるので人気です、それでいて意外と高くないということでおすすめ。

既存建物に接続廊下があります。既存部分に開口を開け、エアコンの配管が邪魔になる・・・というのも現場に行くと一目瞭然です。監督さんと対応策をその場で相談します。

一番の外壁の見せ場と考えているウロコ状の木材。
いまは足場に隠れていますが、足場が外れてから随所に見せ場ポイントを用意しています。

こちらは、まだ隠しておきたい、あるものの道です。

それまで緊張状態ですが、完成が待ち遠しいです。

 

株式会社WakanaDesign一級建築士事務所

お問い合わせ先はこちらです

ワカナデザインのブログはこちらです。

ワカナデザインのブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*