道の駅さかいレストラン『茶蔵』オープニングセレモニー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

2019年4月、道の駅さかいレストラン『茶蔵』のオープニングセレモニーに参加させていただきました。




国立競技場を手掛ける隈研吾事務所によるレストラン茶蔵は、細部にわたってこだわりのデザインと納まりに、建築の仕事に携わるものとしては、毎回少しずつ研究していく感じかなと思いました。地元にあるので、気になるところがあったらすぐ行けるのでそこはとても良いところ。
昔は、建築家が建てた建物は近くになかなかありませんでした。学生の時は、一番近くにあったのが象設計集団の宮代町の進修館と宮代小学校。

若いうちから良いものを見てインプットできるのは、プラスになると思います。境町にはこれから隈研吾氏の建物がまだ続きます。
いま、境町周辺の若い建築系の人は めぐまれた環境ですね。建築士の試験勉強にも公共施設は勉強になりますので、ぜひ見て欲しいと思いました。
私も常にいろいろなものを見てインプットしていきたいと思います。


人の多さから、注目度が伺えます。


橋本町長による挨拶。町長は建築科出身なのでデザインにこだわりをお持ちです。


隈研吾氏ご本人です。建物の想いなどのお話も流石にお上手です。

そして、レストランの料理は本格的でとても美味しいです。女性にはうれしい野菜がたくさん食べられること、スイーツも充実していること、なによりも食事している建物が素敵です。また行かないと!



 

株式会社WakanaDesign一級建築士事務所

茨城県境町、埼玉県春日部市を中心に古民家古材(ビンテージウッド)を取り入れた設計業務を行っています。

お問い合わせ先はこちらです

ワカナデザインのブログはこちらです。

ワカナデザインのブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*