ペイントや左官が良い!建築の色あいや質感について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

壁紙の模様は昔に比べて進化をしていますが、本物の質感を求める場合は、人間の手で行う塗装や左官には敵わないと感じます。それでは実際に使ってみたお勧めのものをご紹介したいと思います。





塗装でもローラーと刷毛と、吹付というように塗り方も様々です。

私の個人的な好みとしては、刷毛とローラーの荒い仕上がりがとても好きです。

こちらの黒壁面は黒板塗装を使っています。油性ですので匂いはありましたが最初の数日だけです。

このマット感はとても気に入っています。ローラーや隅角部は刷毛で塗りました。のりが悪いところは二度塗りをしましたが1度塗りで十分でした。

天井のホワイトは水性のホワイトマットです。これは市販のペンキを使っていて、ホワイトに関しては違いがあまりないので市販のたくさん入っている安いもので十分です。購入の際には、マット(艶消し)を選ぶことをお忘れなく。

元和室の壁紙の上にペイントをしました。

水色とグレーの間みたいな色合いですが、建築で使う標準表色には無い色なのです。

ROOM BLOOM

http://room-bloom.com/

標準表色にはないカラーをピックアップして造っています。

ここにある色はどれを使ってもデザイン性がアップします。

良い色ばかりなんです。その分少し割高ではありますが、住宅クラスの規模だったらぜひ使った方がよいお勧めの商品です。

ご自分でDIYで塗ってみるのも良いと思います。

この色がお気に入りです。

midnight sun

RB-25PB28

そして、珪藻土でお勧めなものはこちら

カラフル&イージー

https://item.rakuten.co.jp/mukku/skei-ce5-bg/

この写真はネイビーブルー。DIYで施主が塗りましたがとても良い風合いになって照明を受けたときに質感がとてもきれいに現れます。

こちらの店舗はネイビーとグレーと木目を特徴としています。

アクセントにネイビーを入れることでオリジナリティーが出てきます。

こちらはカラフルイージーのチャコールグレーです。

存在感がものすごい良いです。珪藻土は呼吸してくれるので、湿気が多きときには吸収して乾燥しているときにはその湿気を吐き出してくれると言われていますので健康的でもあります。

この先、建築の標準表色と同じ金額で これらのようにおしゃれな色が増えないでしょうか。と願いながら

色について考える機会が多いこの頃です。

 

株式会社WakanaDesign一級建築士事務所

茨城県境町、埼玉県春日部市を中心に古民家古材(ビンテージウッド)を取り入れた設計業務を行っています。

お問い合わせ先はこちらです

ワカナデザインのブログはこちらです。

ワカナデザインのブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*