築40年超えの古い民家をリフォーム、まず一番大切なのは雨漏り対策。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

外壁クラック(ひび割れ)、下屋板金の穴、ベランダの屋根瓦の割れ、陸屋根の排水つまり、瓦棟部分のずれ、雨戸の戸袋部分破損などで雨漏りの被害があり、補修工事をしました。ここは将来、私のオフィスになった場所です。2016年に遡った記事になります。

まだこの頃は、一軒家賃貸として一般の人にお貸ししていました。この物件は築40年くらいの2階建て木造建物で、途中何度か増築もしているため、その継ぎ目部分にひび割が発生していました。そこから雨漏りの原因となって室内まで水が入ってきたりと、あちこち影響が出てきていました。きっかけは当時の台風です。この台風で滝のように室内に水が流れ込みました。




天井 滝

天井からジャバジャバと滝が流れ、クロスのはがれ

柱 雨漏り

柱のクロスもはがれました。ここもシロアリが以前発生したりと色々ある場所です。

いやー、こまりました。

 

建物被害調査

施工業者さんに早速調査をしてもらい

そして補修工事を開始。

外壁クラック 補修前

このひび割れ結構ひどいですね。

やはり窓の端からヒビが入ることが多いです。

外壁 ひび割れ補修

補修後の色が目立ちますが・・・

カミナリのようですが・・・

補修終了には間違えありません。

とりあえず、ここからじわじわと入ってしまう雨はシャットダウンされました。

外壁クラック 補修

ここはパラベットの壁です。屋根を隠すための壁の立ち上がり部分。

ちなみに補修コストは

最低限の範囲で行いました。

本当はこのあと外壁塗装も出来れば一番いいのですが、最低限のメンテナンスになってしまいました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

板金工事 補修

瓦 棟

屋上部分があってその部分の排水口のゴミがつまり、ドレインが溢れてしまうのではという予想もあり、ドレインの清掃と周りのコーキング(隙間ドメ)をして貰いました。

 

さて、これで様子を見ていきます。この物件に関するリフォーム記事もごらんください。

古い浴室をリフォーム。タイルから洗い流しに。

【リフォーム参考】家庭用にもおすすめ2層シンクを設置しました。

築36年木造、空き家🏠をリノベして弊社事務所を作りました。

 

売れる店づくりとは、店舗設計レイアウトから始まる!原理原則にそったアドバイスで、動線の確保や店舗デザイン等の設計プロデュース。

—————————————-
↓HPはこちら↓

HOME

↓BLOGはこちら↓
https://wakanadesign.net/

株式会社WakanaDesign一級建築士事務所(ワカナデザイン)
茨城県猿島郡境町下小橋555-13

—————————————-
Q.どんな設計事務所?
A.茨城県境町に拠点を置き、女性一級建築士が運営する小規模な建築設計事務所。

Q.なにが専門の設計事務所?
A.店舗やオフィス、飲食店など商業建築が専門。空き家対策や、遊休建物の利活用をするリノベーションやリフォームを推進。

Q.設計の特徴は?
A.色使い、植栽、ワクワク、女性的な建築で利益を生む設計を心がける。

Q.実績は?
A.パン屋、シェアーオフィス、ラーメン屋、カフェ、アンテナショップ、食堂、保育園、学童保育、公園、ドッグランなど。茨城県境町および埼玉県春日部市にて見学可能。

Q.仕事のスタイルは?
A.一つ一つ情熱を持って企画設計から監理まで丁寧な仕事を心がけている。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*